白内障手術 | いいの眼科|日帰り白内障手術・多焦点眼内レンズ白内障手術・飛蚊症レーザー治療・ICL・綱島 日吉 高田 新吉田 横浜・一般眼科から先進医療まで・眼科専門医による治療

診療のご案内

白内障手術

  • 白内障とは?

    眼の中にある水晶体が濁ることにより、視力低下やかすみなどの症状をきたします。
    白内障手術は、にごった水晶体を取り除き、その代わりに眼内レンズを入れる手術です。
    眼内レンズを入れた後の一定期間、まぶしさを感じたり、違和感があることがありますが、時間が経つにつれて次第に軽減されていきます。

  • 白内障の原因

    原因としては加齢によるものが一番多いですが、アトピーや糖尿病のある方・外傷の既往のある方・特殊な薬剤の影響によって若年者でも起こることがあります。

  • 白内障の症状

    • 霞んで見える
    • 明るいところへ出ると眩しく見にくい
    • 眼鏡の度が合わない
    • ぼやけて物が二重または三重に見える

    ※濁りの程度により、見え方には個人差があります。

    正常な見え方

    正常な見え方

    白内障の見え方

    白内障の見え方

  • 白内障手術について

    白内障手術は、にごった水晶体を取り除き、その代わりに眼内レンズを挿入します。
    手術時間は片眼15分程度です。麻酔は点眼麻酔で行い、痛みを感じることはほとんどありません。

    1. 創口作成・前嚢切開

      創口作成・前嚢切開

    2. 水晶体を超音波で砕き吸引

      水晶体を超音波で砕き吸引

    3. 眼内レンズ挿入

      眼内レンズ挿入

  • 眼内レンズについて

    白内障手術に使用する眼内レンズには、“単焦点眼内レンズ”と“多焦点眼内レンズ”の2種類があります。

  • 単焦点眼内レンズ
    (保険診療)

    単焦点眼内レンズはその名が表すとおり、1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。
    単焦点眼内レンズを入れた後は白内障のにごりがなくなり非常に明るくなり見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきり見えるという訳ではありません。
    近く(手元の距離)に焦点を合わせた眼内レンズを入れた際は、運動をする時や、町を歩く時には、遠距離用のメガネが必要となります。
    遠くに焦点を合わせた際は、
    右の
    下の

    イメージ写真のように、遠方は見えますが、手元のメモを読む時に、近距離用のメガネが必要となります。

    単焦点眼内レンズの見え方のイメージ

    単焦点眼内レンズの見え方のイメージ

診療のご案内へ手術のご案内へ